水素水の健康への効果と摂取方法について

水素水には、健康に良いといわれています。特に、アンチエイジングについては、種々の効果がるといわれています。ただ、本当にそうでしょうか? 水素水に効果があるのかどうかについては疑問を持っている人がたくさんいるのも事実です。ここで、もともとの水素水の意味について触れておきます。

「水素水」とは、水素分子や水素イオンを溶かし込んだ水の事を指し示します。原単位で、基本量の水に、どれだけの水素を溶かすのかという数的な目安は示されていません。水素水の効果を高らかに歌い上げる水素水メ-カ-のHPにもそこについては、詳細は書かれてありません。大学関係者の定性的なコメントが載っていたりしますが、定量的な記載はありません。

ただ、効果はあるといわれていますし、効果があって、若返った、傷が治った、アトピ-が回復したという声があるのも事実ではあります。本当に多くの人が「水素水を飲んでいるので‥‥」ということを口にしているのも間違いのない事実です。つまり、水素自体に効果が期待できるというのは、正しいと考えられます。

その秘密は水素が持っているアンチエイジングと関係が深い「抗酸化作用」にあると断言できるでしょう。聞きなれない言葉になりますが、抗酸化作用とは、シミ・シワなどの老化現象や生活習慣病の原因でもある悪玉の「活性酸素」を除去する働きのことです。水素は非常に酸化しやすい物質なので、体内では優先的に酸化されます。

その力で活性化酸素とくっついて、水に変えてしまうのです。よく似たものとしては、チョコレートやワインなどに含まれるポリフェノールも抗酸化作用がありますが、水素にも同様の効働きをしてくれるのです。比較的手軽に水素を体内に取り入れるためには、水素水を飲むことになります。多く流通しているのが、ミネラルウォーターに水素ガスを封じ込めてパウチしたタイプの製品です。水素が抜けないうちに飲みきれるように適切な大きさのサイズになっています。そして水素を通さないアルミ素材でパウチされたものを選ぶようにしましょう。